国民健康保険勝浦診療所の特徴

国民健康保険勝浦診療所は、市街地から千葉市に向かって約9q進んだ中山間地である松野地区にあります。
診療所の歴史としては、昭和26年3月に当時の総野村立総野病院として発足、その後、町村合併により勝浦市立勝浦病院と名称改正したのですがが、平成8年4月から有床診療所に、さらに平成12年4月に無床診療所となってしまいました。

 

地域医療の必要性を堅持することを前提に、市内唯一の公的医療機関として、所長以下5名により地域住民の健康保持に必要な医療を提供するという重要な役割を担いながら、過疎地域における住民への医療サービス、特に、高齢化比率が高い地域であるがゆえに、日常的な健康づくりを推進しています。

 

訪問看護・訪問リハビリ・居宅療養管理指導も行っています。

一人で看護師求人を探すと失敗する理由

国民健康保険勝浦診療所の求人情報について

国民健康保険勝浦診療所

勤務科

内科・外科・麻酔科

病床数

勤務地

千葉県勝浦市松野392


大きな地図で見る

最寄り駅

外房線勝浦駅

勤務体制

土曜日曜祝日休診

託児所

その他

給料や仕事環境など求人・転職情報の詳細

国民健康保険勝浦診療所の看護師求人を問い合わせる